なないろデザイナーフーズ協会TOP > なないろデザイナーフーズとは

なないろデザイナーフーズとは

デザイナーフーズとは?

デザイナーフーズとは、「天然の植物中に存在するがん抑制作用のある成分を主体にして、がんを予防する効果が発揮できるようにデザインされた食品」のことです。

1990年に米国の国立ガン研究所(NCI)は、2000万ドルの予算を掛けて、癌予防の観点からファイトケミカル(Phytochemical すなわち植物由来の化合物が、抗酸化力物質として生体調節機能に深く関わっているという報告があり、注目されています。)を特定し、加工食品に加えるという「デザイナーフーズ計画(Designer Foods Project)」というプロジェクトを発足させました。
これは、植物性食品に含まれているどんな成分にがん予防効果があるのかを確認し、その有効成分を複合させたり、強化するなどして、がん予防に効果的なデザイナーフーズを開発しようという計画です。

がんの機構はまだ完全には解明されていませんが、近年の疫学調査の結果から、がんの原因の1/3以上は食生活に由来すると考えられるようになってきました。一方では、日常食べている野菜や果物などの植物性食品に、がんを予防する効果のある物質が含まれていることも明らかになってきたのです。

デザイナーフーズ計画では、がん予防効果を示唆する報告が得られている約40種類の食品がピラミッド型の図で示されています。

ピラミッド

「なないろデザイナーフーズ」とは?

広くは「免疫機能を高める食品」という意味でも使われるデザイナーフーズですが、別に述べますとおり、当協会では、当協会の基本理念である「食生活に健康と幸せを感じられる社会」を現実のものとするために開発、製造されたデザイナーフーズを特に「なないろデザイナーフーズ」と称しています。

この「なないろデザイナーフーズ」は、後に述べる「ベジタブルカラーの調合とファイトケミカルのコントロール方法」という技術によって実現した七色の野菜ペースト(商品名「ベジカラー菜菜(なな)」、特許出願済み)を使用して開発、製造されたものです。